FOLLOW US

C大阪、B・メンデス弾で白星発進…大分は5年連続開幕戦勝利を逃す

ヘディングで決勝点を挙げたブルーノ・メンデス [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第1節が22日に行われ、セレッソ大阪と大分トリニータが対戦した。

 ホームチームのC大阪は、ブルーノ・メンデスや清武弘嗣をスタメンで起用。新加入の豊川雄太、期待のルーキー西川潤らがベンチスタートとなった。一方、大分トリニータは新加入の知念慶、町田也真人が先発メンバー入りしている。

 試合は開始早々に動く。8分、C大阪が左サイドのコーナーキックを獲得する。キッカーを務めた清武が正確なボールを供給すると、ニアサイドに走り込んできたブルーノ・メンデスが頭で合わせる。C大阪が先手を取った。

 その後は大分がボールを握る展開が続く。30分、右サイドでボールを持った松本怜がグラウンダーのクロスを送ると、パスを受けた田中達也がワントラップから右足を振り抜く。しかし、シュートは枠を捉えられない。前半はこのままC大阪の1点リードで終了した。

 後半に入ると最初に決定機を作ったのは大分。60分、左サイドで仕掛けた田中が左足でクロスを上げると、松本がヘディングで狙う。しかし、シュートはポストに弾かれて得点とはならない。

 一方のC大阪も柿谷曜一朗、豊川を投入して追加点を狙う。83分には右サイドを駆け上がった松田陸のクロスから、最後はペナルティエリア内で待っていたブルーノ・メンデスが右足で合わせる。しかし、シュートはGKに防がれてしまう。

 諦めない大分は後半アディショナルタイム、クリアボールを拾った知念がペナルティエリア手前から左足を振り抜くも、シュートはポストに嫌われゴールを挙げられず。

 試合はこのまま1-0でタイムアップ。C大阪は昨季に引き続き開幕白星発進となった。大分は5年連続の開幕戦勝利とはならなかった。次節、C大阪は29日にサガン鳥栖と敵地で対戦する。一方、大分は3月1日にホームに迎える。

【スコア】
セレッソ大阪 1-0 大分トリニータ

【得点者】
1-0 8分 ブルーノ・メンデス(セレッソ大阪)

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA