FOLLOW US

名古屋MF杉森考起、徳島へ期限付き移籍「まだまだ自分自身の力不足」

名古屋MF杉森が徳島へ期限付き移籍

 名古屋グランパスは7日、MF杉森考起が徳島ヴォルティスへ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2021年1月31日までとなっており、杉森は2020シーズンの公式戦にて名古屋との対戦では出場できないことが決まっている。

 杉森は1997年4月5日生まれの現在22歳。名古屋の育成組織出身で、2014年にトップチームへ昇格した。2018シーズンはFC町田ゼルビアへ期限付き移籍し、明治安田生命J2リーグで29試合出場3得点を記録。名古屋へ復帰した2019シーズンは明治安田生命J1リーグで3試合の出場にとどまっていた。

 期限付き移籍に際し、杉森は名古屋のクラブ公式HPで以下のようにコメントしている。

「昨年、グランパスの力になるために期限付き移籍より復帰しましたが、思うような結果が出せず、悔しさと歯痒さの残るシーズンになってしまい、まだまだ自分自身の力不足を感じました。今年、徳島ヴォルティスへ期限付き移籍することで、名古屋の皆さんに徳島に行って良かったと思ってもらえるような活躍を届けられるように精一杯頑張ってきます。いってきます!」

 また、新天地となる徳島のクラブ公式HPでは次のように意気込みを語った。

「徳島ヴォルティスの皆さん、初めまして。名古屋グランパスから加入する杉森考起です。徳島の皆さんとJ1昇格を一緒に喜べるよう精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO