FOLLOW US

大宮がピム・ファーベック元監督を追悼「あらためて敬意を表します」

大宮がピム・ファーベック氏を追悼した [写真]=Getty Images

 大宮アルディージャは29日、ピム・ファーベック氏が亡くなったことを受け、森正志代表取締役社長の追悼コメントをクラブ公式サイトを通じて発表した。

 ファーベック氏は現役引退後、フェイエノールトなどの指揮官を歴任した。1998年7月、大宮の監督に就任。クラブ初の外国籍監督となった。その後は、京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)やオーストラリア代表でも指揮を執った。

 森社長はクラブを代表して、以下のように哀悼の意を表した。

「ピム・ファーベック氏の突然の訃報に関係者一同、深い悲しみに包まれております。クラブを代表して哀悼の意を表するとともに、安らかにご永眠されますよう、心よりお祈り申し上げます。同氏は大宮アルディージャ初の外国籍監督として、1998年7月に就任されました。Jリーグ参入を翌年に控え、プロクラブとしてのチーム作りを進める中、ピッチ内外でプロフェッショナリズムを植え付け、現在に続くクラブの礎を築いてくださいました」

「同氏の思いや考え方は、大宮アルディージャに関わる多くのスタッフ、選手に確実に浸透し、今も引き継がれています。クラブを離れてからも、アカデミーの海外遠征時に現地に駆けつけていただくなど、常に大宮アルディージャを気に掛けてくださいました」

「昨年のクラブ創立20周年記念OBマッチやクラブ創立20周年記念パーティーでも、残念ながら日程調整がかなわなかったものの、来日に向けて最大限に調整してくださったと伺っております。同氏の多大なる功績に、あらためて敬意を表します」

「12月1日(日)、NACK5スタジアム大宮で行われる2019J1参入プレーオフ1回戦では、選手たちが喪章をつけ、キックオフ前には黙祷を行います。ご来場の皆さまにおかれましても、ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA