FOLLOW US

名古屋、『聖地瑞穂』が老朽化に伴い建て替えへ…2020シーズンを最後に一旦休場

瑞穂競技場は来季限りで一旦休場となる [写真]=J.LEAGUE

 名古屋グランパスは22日、瑞穂公園陸上競技場(パロマ瑞穂スタジアム)が、施設の老朽化に伴う建て替え工事が行われることになったとクラブ公式サイトで発表した

 瑞穂公園陸上競技場は1982年の建て替えから30年以上が経過しており、施設の老朽化が進んでいることなどから、名古屋市は2021年度より同競技場の建て替え工事を予定している。これに伴い、名古屋グランパスのホームゲームは2021シーズンより建て替え工事終了まで開催不可となる。なお、休場期間については、決まり次第改めて発表がなされる予定だ。

 名古屋グランパスの小西工己代表取締役社長はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。

「1993年のJリーグ開幕以来、数々の名勝負を繰り広げてきたパロマ瑞穂スタジアムですが、このたびの建て替え工事に伴い、2020シーズンをもって、しばらくの間お別れとなります。この27年間、歓喜のときも苦しいときも『聖地瑞穂』は常に名古屋グランパスと共にありました。クラブの歴史、そしてグランパスファミリーの皆さんの人生そのものでもある瑞穂公園陸上競技場が、また素晴らしいスタジアムとして生まれ変わり、再び名古屋グランパスと共に歩みだす日を心待ちにしています」



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO