2019.10.02

水戸DF冨田が現役引退&CRC就任を発表「本当にありがとうございました」

現役引退を発表した冨田(写真は2013年) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 水戸ホーリーホックは、DF冨田大介が現役を引退し、クラブリレーションコーディネーターに就任することを発表した。

 また、10月6日(日)に行われる2019明治安田生命J2リーグ第35節、大宮アルディージャ戦であいさつと記者会見を行う予定となっている。

 現在42歳の冨田は筑波大学から水戸に加入。大宮アルディージャやヴィッセル神戸、ヴァンフォーレ甲府、徳島ヴォルティスといったクラブを渡り歩き、2018年に水戸に戻りプレー。J1リーグ通算171試合出場、J2リーグでは通算293試合に出場している。

 同選手は公式サイト上でコメントを発表。感謝と今後の活動への意気込みを語っている。

「この度、19年間の現役生活に終止符を打つ決断をすることに致しました。2018シーズンが終了してからかなり時間は経ってしまいましたが、長く助走を取った方が、より遠くに飛べるということを小耳に挟みました。19年の間に所属した、水戸、大宮、神戸、甲府、徳島の関係者の皆様、スパイク等を提供してくださった、ミズノ、ナイキ、アンダーアーマー、ニューバランス各社の皆様、そして、いつも熱い応援、温かい声援で後押ししてくださったファン・サポーターの皆様、19年間本当にありがとうございました」

「数え切れない程多くの方に支えられ、助けて頂けたお陰で、これ程まで長い現役生活を送ることができました。いいことばかりじゃないけど悪いことばかりでもないサッカー人生でした。華やかなサッカー人生ではありませんでしたが、最高の仲間のお陰で、サッカーのある人生が楽しく華やかなものになりました。もし誰かの原動力になり、感情を揺さぶるような存在になれたのであれば、サッカー選手をやって本当に良かったなと思います」

「最後に、大きな病気も怪我もない丈夫な身体を授けてくれ、小さな頃から何不自由なく、気を遣ってサッカーに集中させてくれたお父さん、お母さん、本当にありがとう。41歳までプレーできて幸せでした。本当にありがとうございました」

「それに伴い、本日から水戸ホーリーホックのCRC(クラブリレーションコーディネーター)という役職に就任することになりました。シーズンも佳境に入るこの時期に、このような役職に就かせて頂くことを大変有り難く思います。これからの水戸ホーリーホックの発展ならびにサッカー界の発展に精一杯尽力させて頂きます。これからも水戸ホーリーホックをよろしくお願い致します」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る