FOLLOW US

神戸、磐田と1-1のドロー…ビジャが先制弾も終了間際の失点で連勝を逃す

2019.06.01

先制点を記録したビジャ [写真]=Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第14節が行われ、ジュビロ磐田ヴィッセル神戸と対戦した。

 開始早々の2分、ウェリントンとの連携から三田啓貴がゴール前に抜け出すと、磐田のGKカミンスキーと接触し倒される。このプレーがカミンスキーのファウルとなって神戸はPKを獲得。ダビド・ビジャが冷静に沈めて神戸が先制に成功した。


 降格圏に沈む磐田は後半に入って大久保嘉人や中山仁斗とFWを次々と投入して攻勢を仕掛ける。すると90+2分、大久保が巧みなコントロールからシュートを打つと、神戸のDFダンクレーがたまらずライン上で手を使ってブロック。ダンクレーは退場となり、磐田にPKが与えられた。ロドリゲスのシュートは1度防がれたもののこぼれ球を自ら詰めて同点ゴールを決めた。

 両チームがPK絡みで得点を奪い合ったゲームは1-1でタイムアップ。磐田は次節、ホームでガンバ大阪と対戦し、一方の神戸は大分トリニータと対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 1ー1 ヴィッセル神戸

【得点者】
3分 0-1 ダビド・ビジャ(ヴィッセル神戸
90+3分 1-1 ロドリゲス(ジュビロ磐田

【スターティングメンバー】
ジュビロ磐田(3-4-2-1)
カミンスキー;新里亮、大井健太郎、高橋祥平;小川大貴、山本康裕、田口泰士、松本昌也(84分 中山仁斗);山田大記(78分 荒木大吾)、アダイウトン(68分 大久保嘉人);ロドリゲス

ヴィッセル神戸(3-4-1-2)
吉丸絢梓;ダンクレー、大﨑玲央、宮大樹;西大伍、セルジ・サンペール(70分 藤谷壮)、山口蛍、小川慶治朗(58分 初瀬亮);三田啓貴、ダビド・ビジャ(84分 中坂勇哉);ウェリントン

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO