FOLLOW US

指揮官の言葉に奮起…劇的決勝弾の山根視来「気持ちで押し込んだ」

決勝点を挙げた山根視来 [写真]=Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第12節が17日に行われ、湘南ベルマーレは敵地で浦和レッズと対戦。前半は2点リードを許し、さらに明らかな誤審により得点が認められない事態が起こったが、それでも後半に3点を奪い、劇的な逆転勝利を収めた。

 決勝点を挙げた山根視来は試合後のインタビューで、「難しいジャッジもあった中で、自分たちにスポットを当てて、しっかりやっていこうとハーフタイムに話した。『絶対逆転するぞ』ということをみんなで話してやっていたので、逆転できて良かった」とコメント。

 続けて「『自分たちがコントロールできないことなのでしょうがないし、それはサッカーなので、自分たちがしっかり逆転して勝ったら、また大きく成長できる』と言っていた」と曺貴裁監督からの言葉を明かし、「後半は気持ちの入ったいいゲームができた」と指揮官の言葉に奮起したようだ。

 すると山根は、同点に追いついて迎えた後半アディショナルタイム4分、ハーフウェイライン付近からドリブルで持ち上がり、気持ちのこもった右足シュートを沈めて劇的逆転ゴールを決めた。「少しオープンな展開になっていたので、後ろは任せて、前目に残っていたところ、いいボールがきたので、最初から自分でやりきってやると思っていた。あれは技術とかではなく、気持ちで押し込みました」と殊勲の決勝点を振り返った。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA