FOLLOW US

攻守において存在感を発揮…エース・興梠慎三が第9節『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP』選出

第9節のMVPに選出された浦和のFW興梠慎三 [写真]=浦和レッズ

 J1リーグ2019年シーズンからスタートした、浦和レッズのサポーターが毎試合のMVPを投票して決定する『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP(サポーターdeセレモニー)』。第9節、アウェイでの清水エスパルス戦の最多得票はFW興梠慎三が獲得した。

 前節、今シーズンのリーグ戦におけるホーム初勝利をマークした浦和。IAIスタジアム日本平に乗り込んだ今節は、序盤から攻勢を強めて清水ゴールに襲い掛かっていく。後半は相手陣内でプレーする時間帯を増やし、73分にマウリシオ、97分に興梠がゴールを挙げて2-0。完勝でリーグ戦3連勝を飾った。興梠は攻守において存在感を発揮。8割近い得票を集め、今シーズン2度目のMVPに選出されている。

■投票者のコメント
・1アシスト、1ゴールと少ないチャンスからゲームを決めた最高!
・平成最ゴール!! 全得点に絡む浦和のエース。
・汰木からのボールを決めて平成ラストゴールでカズさんに並んだ! おめでとう!
・平成最後の記念すべきゴールおめでとうございます! 令和最初のゴールも期待します!
・平成最後のゴールはキングカズと並ぶ通算139得点目を叩き出した我らがキングシンゾー。
・1点目の演出に続き、終了間際の平成ラストゴールもさすがの活躍。
・キャプテンとして、攻守に渡って抜け目のない活躍! 1点目の前の胸トラからのボレーはワールドクラスだった!! 2点目もおしゃれにチップキックでお見事!!
・平成最後のゴールを決めて、試合を決定づけてくれました。令和でも、たくさんのゴールを決めてもらいたいです。
・シュート、得点のみならず、ボールを収める! 相手の懐に入る! そしてかわす! 素晴らしいです!!
・まさにエース。胸トラップからのボレーに、冷静なチップキックは圧巻。終盤にはアバウトなボールを巧みな身体の使い方で収め、清水が攻めに専念できない状況を作り出す。我らがレッズに平成のハッピーエンドをもたらしてくれた。
・3試合連続ゴール。得点を決めるのはエースの証。令和1号も頼むぞ!
・守って、走って、キープ! すべてにおいて全力で戦って、そして平成最後のゴール!! 今日の勝利は慎三なくしてはなし得なかった! 勝利をありがとう。
・何と言っても理由はJリーグすべてのゴールの中で平成最後を締めくくるゴールを決めたことです!

■得票率
1.興梠慎三 (78.59%)
2.汰木康也 (9.42%)
3.マウリシオ (4.95%)
4.西川周作 (3.04%)
5.鈴木大輔 (1.12%)
6.青木拓矢 (0.96%)

【概要】
明治安田生命J1リーグにおいて、試合終了後(試合4日後までを予定)にファン・サポーターがWEB投票によってMVPを選出。投票に参加したユーザーには『MVP獲得選手のサイン入りユニフォーム』『「ティナラウンジ」ディナー券3,000円分』『セレモニーオリジナルベア』が抽選でプレゼントされる。次回投票は、5月3日(金・祝)第10節のジュビロ磐田戦にて実施される。

詳細・投票は下記の専用ホームページから。初回のみ要ユーザー登録。
http://www.ceremony.jp/2019_SdC/

主催:セレモニー
実行委員会:セレモニー、フロムワン(サッカーキング、浦和マガジン)、テレ玉(GGR)
協力:浦和レッズ

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA