FOLLOW US

“FK名手”トップ10入り、中村俊輔が『FIFA 19』でベスト11選出 「メッシとどちらがFK蹴る?」の回答は?

FIFA 19に登場する能力値が上がった自身のアイコンボードを持つ中村 [写真]=J.LEAGUE

 世界中で人気を博しているサッカーゲーム『FIFA』シリーズ。大好評発売中のシリーズ最新作『FIFA19』のモードであるFUT(FIFA Ultimate Team)内、SQUAD BATTLEにて、ジュビロ磐田に所属するMF中村俊輔が選んだベストイレブンが、29日から登場する。

 中村は同ゲーム内にて、リオネル・メッシやミラレム・ピアニッチ、パウロ・ディバラなどとともに、フリーキッカーのレーティングランキングでトップ10入り。今も世界で、「フリーキックの名手」として認知されている。

 ゲーム内に登場するに際し、中村に選手選考の理由や、現在も世界で評価をされていること、印象的な自身のフリーキックについてなどを語ってもらった。

■影響を受けたフリーキッカー、印象的なゴールは?

―――『FIFA 19』において、全世界の名だたる選手の中、フリーキックのレーティング10位に入ったことについての感想を教えてください。

中村 セルティック時代のプレー、特にマンチェスター・U相手に決めたフリーキック(2006-07シーズンのチャンピオンズリーグ)が印象的だったのかなと思います。いまだに海外に行った時、顔を憶えられているので、嬉しい反面、サッカーって怖いなと思っています。

 正直、今はFKのことについて聞かれることは、あまりないですね。去年も決められてないですし。ただ、海外はサッカーの話題に敏感なので、そういった人たちの印象に残ったことはよかったと思います。

―――レートランキング上位勢を含め、気になるフリーキッカーはいますか?

中村 今と昔ではボールや芝など環境、キックの質も変わってきたので、一概には言えないですが、マニアックな顔ぶれですね。彼らはずっとヨーロッパにいるので、高いレベルの環境でプレーしていることもあると思います。成功率や距離などを見て、しっかり判断しているという印象ですね。

 個人的には木村和司さん(元日本代表)の影響を強く受けました。プロ入り前に、ゴール裏からフリーキックを見て、「こう蹴るのか」と衝撃を受けました。そのころは知識を得るところも限られていましたし。海外選手でいえば、ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(元ブラジル代表)ですね。距離といい、球質といい、非常に衝撃的でした。

―――ランキングには90年代生まれの選手もいる中、唯一70年代生まれの選手です。「技術は衰えない」と実感されますか?

中村 さっきも言いましたが、そういう意味でもサッカーって怖いですね(笑)。昔、芝はグチャグチャで、ボールの質は2週に1回変わるような感覚、バニシングスプレーもないので壁はどんどん近づいてくる…。そういった環境で蹴っていたので、今とはだいぶ違います。時代とともに自分の蹴り方も変えていますけど、「技術は衰えない」ことは実感しますよ。

―――ご自身のフリーキックで一番印象的なものは何でしょう?

中村 影響があってびっくりしたのは、マンチェスター・Uとの2戦目(2006年11月、セルティック・パーク)ですね。距離もあったし、いつもは狙わない位置でした。個人的には、Jリーグで初得点した時のFKですね(1997年5月、ベルマーレ平塚戦)。ミスキックでしたけど、あれで成功体験を得て、色々と変わった気がします。

■メッシは宇宙人、ブスケツは唯一無二

―――今回、中村選手がFSB(FIFA SQUAD BATTLE)のメンバーで、ご自身以外の10選手を選んだ理由を、それぞれ一言で教えてください。

■ジャンルイジ・ブッフォン(パリ・サンジェルマン)
これだけ長くトップレベルに居続けることは普通できない。しかも、個人的に一番レベルが高いと思っているイタリアで長くやっていましたから。

■ダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン)
メッシとの関係は完璧。2人で崩せます。

■ジェラール・ピケ(バルセロナ)
アジリティがない印象ですけど、先読みが鋭い、サッカーのことをよく知っている印象ですね。

■パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
基本的なディフェンス能力は言わずもがなで、両方の足でタックルができ、奪った後のビルドアップもできる。リーダーシップもとても頼もしいです。

■ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
左足で右サイドの裏にスッと出せる。メッシとの関係性は「まさにこれ!」というプレーで、自分がやりたかったもの。長友(佑都)にも同じようなプレーを要求していました。

■セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
唯一無二の存在。

■アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)
「サッカーってこうだよな」と思わせてくれるプレーをしてくれます。行き詰った時とかにプレー集などを見直しますね。足運びやターンなど、お世話になっています。

■リオネル・メッシ(バルセロナ)
宇宙人。セルティック時代にも決められましたし。

■ロナウド(元ブラジル代表)
ブラジルでも、ペレ以上に人気があるみたいですね。ケガに悩まされましたけど、とにかくすごい!

■ロナウジーニョ(元ブラジル代表)
とても陽気で「サッカー=人生」という人。

 選んだメンバーは、自分が対戦したことのある選手がほとんどです。重視するのは技術、創造性、見ていて楽しいということですね。相手をいなす、といったプレーが自分は好きなので。

―――中村俊輔“監督”としては、このチームでどういった戦いを見せたいですか?

中村 やっぱりメッシ中心にはなりますね。ボールを渡せばだいたい行けると思います。フリーキックも“メッシさん”に蹴ってもらいます。自分は壁にでも入りますよ(笑)。

―――中村選手ご自身は、サッカーゲーム経験についていかがでしょう。

中村 やると、めちゃくちゃタメになりますよね。自分で監督のように戦術をいじったりしてプレーできるのは、ストレス解消になります。子供もやろうよ、と言ってくれているので、一緒にやりたいですね。

―――最後にFIFAシリーズ、そしてJリーグファンへのメッセージをお願いします。

中村 生活がすごく楽しくなると思いますけど、ゲームはやりすぎないように(笑)、健康に気を付けて楽しんでください。そして、Jリーグの試合にも見に来てもらえれば、いい体験になると思います。こういったゲームはサッカーが好きな人の夢ですね。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA