FOLLOW US

今季からJに新設された「月間優秀監督賞」…初代受賞者は名古屋の風間監督

名古屋を率いる風間八宏監督 [写真]=Getty Images

 Jリーグは11日、2月・3月の明治安田生命J1・J2・J3リーグにおいて最も優れた指揮をした監督を表彰する「明治安田生命J1リーグ月間優秀監督賞」に名古屋グランパスを率いる風間八宏監督が選出されたことを発表した。同賞は2019シーズンより新設され、風間監督は初代受賞者となる。なお、J2リーグではFC琉球の樋口靖洋監督、J3リーグではギラヴァンツ北九州の小林伸二監督が選出されている。

 「月間優秀監督賞」は、Jリーグ原博実副理事長を委員長に、元プロサッカー選手やサッカージャーナリストなど合計5名による月間表彰選考委員会が、各種映像やデータ等の参考情報をもとに選定される。また、12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「優秀監督賞(J1・J2・J3)」にノミネートされる。

 風間監督の選出にあたり、Jリーグ選考委員会の柱谷幸一委員は「攻撃的なスタイルで首位に導いた」と評価。福西崇史委員は「全勝、得点が多く、失点少ない戦いでチームを首位に」と称賛した。また、寺嶋朋也委員は「名古屋を率いて3年目。チームには攻撃的なスタイルがしっかりと根付き、今季は結果を出している。赤﨑秀平や長谷川アーリアジャスールなど、交代出場の選手や先発に抜擢した選手が活躍しているのも、チームに良い競争が生まれている証拠」と総評した。

 初代受賞者となった風間監督は以下のようにコメントを発表している。

「みんなが楽しめるサッカーを目指している中で、このような賞を受賞でき、とても光栄です。名古屋グランパスらしいサッカーを表現してくれている選手、サポートしてくれているスタッフ、またそのサッカーを引き出すような雰囲気を作ってくれているファミリーのみなさんのおかげだと思います。これからも選手が個性を発揮し、のびのびとプレーする姿をお見せしたいと思います。一緒に楽しもうとしてくれているファミリーに応えられるサッカーを目指していきます」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO