FOLLOW US

21位に低迷の千葉、3年目のエスナイデル監督を解任…昨季から守備が崩壊

千葉がエスナイデル監督の解任を発表 [写真]=Getty Images

 ジェフユナイテッド千葉は17日、フアン・エスナイデル監督の解任を発表した。また後任の監督については決定次第、改めて発表するとしている。

 アルゼンチン出身のエスナイデル氏は現役時代にレアル・マドリードやユヴェントスでプレーし、2008年にヘタフェのアシスタントコーチとして指導者のキャリアをスタートさせた。その後コルドバやヘタフェの監督を務めた後、2016年に千葉の監督に就任。1年目は6位で終えたが、J1昇格プレーオフの準決勝で名古屋グランパスに敗れて昇格を果たせなかった。昨季はリーグワースト2位タイの72失点を許すなど守備が崩壊し、クラブのJ2降格以降最低となる14位でシーズンを終えた。

 前年からの巻き返しが期待された3年目の今季だったが、ここまで開幕4試合で未勝利の21位。さらにリーグワースト2位タイの10失点を喫するなど課題の守備にも改善は見られず、シーズン開幕後1カ月も経たずに解任の憂き目を見ることになった。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA