FOLLOW US

湘南の金子大毅、右腓骨筋腱脱臼で手術…練習中に負傷、全治約3カ月

昨季から湘南でプレーしている金子大毅 [写真]=Getty Images

 湘南ベルマーレは14日、MF金子大毅が右腓骨筋腱脱臼と診断されたことを発表した。同選手はトレーニング中に負傷し、今月11日に手術を終了。全治は約3カ月と診断されている。

 金子は1998年生まれの20歳。市立船橋高校から神奈川大へ進学した。2017年はU-19日本代表やU-20日本代表候補に選出され、日本高校選抜にも名を連ねている。昨年2月、神奈川大を中退して湘南に加入。昨季は明治安田生命J1リーグで10試合出場1得点を記録している。

 湘南は明治安田生命J1リーグ第3節を終えて1勝2敗、勝ち点「3」で12位。次節は17日、ベガルタ仙台をホームに迎える。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA