FOLLOW US

5季ぶりのJ2昇格へ…黒部強化部長、今季の富山は「戦えるチームになってきた」

サッカーキングの生放送に出演した

 カターレ富山の強化部長を務める黒部光昭氏が、平日毎日12時から放送中のWEB番組『サッカーキング ハーフ・タイム』に生出演した。

 今週末開幕した明治安田生命J3リーグ。富山はアウェイでSC相模原と対戦し、スコアレスドローに終わった。黒部氏は「もったいなかった。選手は少し緊張していたし、開幕戦は負けたくない気持ちもあったと思います。今年は攻撃的にやっている中、ちょっと行き切れなかった」と勝ち点1を悔やんだ。

 昨季32試合に出場した正GKの永井堅梧が徳島ヴォルティスへと移籍し、今季は浦和レッズから経験豊富な榎本哲也を獲得した。「若い選手たちに経験を還元してほしいという思いもあります。絶対的なGKだった永井が抜けてしまったので、彼に代わる、彼以上の選手を獲得しないとJ2昇格は厳しくなってしまう。富山を新たなチャレンジの場所に選んでくれたことはうれしいですね」と述べた。また花井聖(ギラヴァンツ北九州)や高橋駿太(ザスパクサツ群馬)らを新たに迎え入れ、今季の富山は「戦えるチームになってきた」と話す。

「安達監督は厳しい監督ですし練習も激しくやっていて、若い選手の甘い部分にプロフェッショナルをどんどん入れていってくれています。“育てる”という意味ではすごくいい選手指導をしていますし、トレーニング方法や言葉など、本当にキャリアのある監督だなと思います。選手たちが育っていけば楽しみですし、もっともっと戦えるチームになれるという期待感はあります」

 次節は17日(日)、ホームに福島ユナイテッドFCを迎える。「またここから仕切り直しでしっかりと勝って、上に行きたいなと思います。少しでもたくさんの方に見てもらいたいので、ぜひ富山にお越しください」と来場を呼びかけた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA