2019.02.16

“衝撃”のJデビュー! 攻守に奮闘したL・ダミアン「自分の気持ちを表現できた」

お決まりのゴールパフォーマンスを日本で初披露 [写真]=金田慎平
サッカーキング編集部

 攻撃の起点となるポストプレー、前線からの果敢な守備、そしてタイトルを引き寄せるゴール。レアンドロ・ダミアンが“衝撃”のJデビューを飾った。

 昨季と同じ『4-2-3-1』布陣の最前線で先発出場。「ブラジル時代からこういうスタイル」と、キックオフからエンジン全開でピッチを駆け回る。マイボールの際には気の利いたポジショニングで攻撃を組み立て、ボールを失えばすぐさま相手にプレスをかける。前半は全選手の中でトップのスプリント回数「19」を記録した。

 スコアレスで迎えた52分、エリア内でこぼれ球を拾うと左足を一閃。父親への敬意を示す“髭”パフォーマンスを日本で初披露すると、さらに「今週、(小林)悠とやろうと話していた」ドラゴンボールの“フュージョン”ポーズで川崎サポーターを盛り上げた。

[写真]=金田慎平

 ダミアンの一発が決勝点となり、J1王者・川崎フロンターレが“初”のカップ戦タイトルを獲得。「日本での初タイトルはすごくうれしいです。もっともっとこのチームに勝利をもたらしたい」とさらなる意欲をのぞかせた。自身のプレーについては「自分の気持ちを表現できました」とコメント。続けて「素晴らしいチームメイトがいるからこそ、今日のようなプレーができたと思います」と仲間たちへ感謝の言葉を述べている。

 今日の勝利、そして気迫溢れるプレーでサポーターの期待値はますます高まったことだろう。「来日した当初からサポーターの皆さんはすごく温かく迎え入れてくれました。あとは自分がチームのために戦って、結果を出していきたい」と、さらなる活躍を誓った。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る