FOLLOW US

楢崎正剛氏、名古屋にて新たな役職に就任…Jクラブ初のCSFとして活動開始

楢崎氏はJリーグクラブ初となる新たな役職に就任した [写真]=Getty Images

 2018シーズンで現役を引退した楢崎正剛氏が名古屋グランパスにてクラブスペシャルフェロー(CSF)に就任することが決定した。15日にクラブ公式HPが発表している。

 名古屋はCSFと言った新たな役職について次のような説明をしている。

「『日本のGKがさらに世界で認められる手助けをし、日本のサッカー界の発展に貢献したい』という楢崎氏の想いに弊クラブが賛同し新設した役職。後進のGK育成のために、国内外の指導・育成現場の視察などの活動を通し、日本のGKのレベルアップに貢献できる取り組みについて検討、併せて、グランパスの渉外・広報活動、ホームタウン活動にも従事する」

 また、就任が決定した楢崎氏は次のように意気込みを語った。

「このたび、クラブ・スペシャル・フェロー(CSF)として、クラブに関わらせていただくことになりました。まずは、このような機会をいただき、クラブに感謝いたします」

「これからは選手時代の経験を生かしつつ、選手とは違った立場でクラブ、日本のサッカー、そして特にゴールキーパーについて見聞を広め、研鑽を積みながらクラブに貢献できればと考えています」

「また、それだけでなく、パートナーの皆さま、チームをいつも応援してくれているサポーターの皆さまに、更に愛されるクラブになるよう努めていきたいと考えています」

「自分自身も、サッカー人としてこれからも少しずつ成長し、この新たなCSFという役職を全うできればと考えております。引き続き、名古屋グランパスの応援をよろしくお願いいたします。」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA