FOLLOW US

名古屋や大分などでプレーのDFダニエルが逝去…36歳、がんで数年前から闘病生活

大分時代のダニエル [写真]=Getty Images

 かつて名古屋グランパスやヴァンフォーレ甲府、大分トリニータでDFとしてプレーし、カボフリエンセ(ブラジル)のU-17チームでコーチを務めていたダニエルことダニエル・シルバ・ドス・サントス氏が10日早朝に逝去した。36歳だった。ブラジルメディア『Globo Esporte』などが伝えている。

 1982年生まれのダニエルは、2009年に来日しヴァンフォーレ甲府へ加入すると、2012年には名古屋グランパスへ移籍して2年間在籍。2014年9月からは大分トリニータでプレーし、翌年からチームの主将も務めた。がんと診断されたため2016年に現役を引退し、以降数年間にわたって闘病生活を続けながら母国ブラジルで指導者として活動していた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA