FOLLOW US

相模原に2選手加入…群馬退団の阿部巧、岡山と契約満了の末吉隼也

SC相模原が2選手の完全移籍加入を発表 [写真]=Getty Images

 SC相模原は18日、DF阿部巧とMF末吉隼也の完全移籍加入が決まったと発表した。阿部の背番号は「24」、末吉は「19」に決まった。

 阿部は1991年生まれの27歳。FC東京の下部組織出身で、2010年にトップチームへ昇格した。横浜FCへの2度の期限付き移籍を経てFC東京に復帰し、松本山雅FC、アビスパ福岡、群馬と渡り歩いた。キャリア通算では、明治安田生命J1リーグで1試合出場、明治安田生命J2リーグで162試合出場3得点、明治安田生命J3リーグで21試合出場1得点を記録している。

 昨季限りで群馬との契約が満了となった阿部は、相模原加入にあたって以下のようにコメントしている。

「この度、SC相模原に加入することになりました阿部巧です。チームの力になれるように日々努力し、SC相模原の勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします!」

 末吉は1987年生まれの31歳。福岡大学から2010年にアビスパ福岡へ加入し、2013年にサガン鳥栖へ移籍した。翌2014年には大分トリニータへの期限付き移籍を経験。2015年に福岡へ復帰した。昨季は岡山で明治安田生命J2リーグ25試合、天皇杯1試合出場を記録したが、契約満了が決まっていた。

 昨季限りで岡山との契約が満了となった末吉は、移籍先決定にあたって以下のようにコメントしている。

「1年間と短い間でしたがファジアーノ岡山でプレーできたことを誇りに思います。サポーターの皆さんの熱い応援が、いつも力になっていました。引き続き、ファジアーノ岡山の応援をよろしくお願いします。ファジアーノ岡山が今シーズンJ1昇格することを心から願っています。1年間本当にありがとうございました」

 また、相模原の公式HPでは以下のようにコメントしている。

「相模原の勝利に少しでも貢献できるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA