FOLLOW US

J3のYS横浜、34歳の指揮官を招へい…ドイツ出身、11カ国でプレー

シュタルフ悠紀リヒャルト監督の招へいを発表したY.S.C.C.横浜

 Y.S.C.C.横浜は17日、トップチームの監督にシュタルフ悠紀リヒャルト氏が就任することが決まったと発表した。

 シュタルフ悠紀リヒャルト氏は1984年生まれの34歳。ドイツ出身で、選手時代はY.S.C.C.ユースやジェフユナイテッド市原・千葉リザーブスなどを含め、計11カ国でプレーした。同氏の指導経歴について、Y.S.C.C.横浜は公式HPにて以下のように紹介している。

「14歳で地元のサッカースクールでコーチのアルバイトを始めたことをきっかけに、その後各所属先でアカデミーを見るなど主に育成年代で20年間指導。現役を引退後は、東京ヴェルディの普及部に所属しスクールでの指導に加え中央高等学院の『biomサッカーコース』で監督を務め、その後は自身の会社が運営するレコスリーグの選抜チームであるレコスユナイテッドや、請け負っている日独フットボールアカデミーで指導しながら、ベルギーのダブルパス社と提携し、日本チームのチームリーダーとしてJクラブの監査とコンサルティング業務に携わってきた。

 監督就任にあたり、シュタルフ悠紀リヒャルト氏は以下のようにコメントしている。

「このたび監督に就任することになりましたシュタルフ悠紀です。今から約17年前にY.S.C.C.のユースチームにお世話になっていました。以来、世界11カ国で選手・指導者として経験を積んでまいりました。34歳の私に監督としてのキャリアをスタートさせる機会を与えてくれたクラブ関係者の皆さまに心から感謝いたします。かつて自分がプレーしたクラブに再び戻ってくることが叶い、とても嬉しく思います。それと同時に、皆さまの期待に応えられるよう、大きな責任も感じています」

「これまでに私の前任者たちが積み上げてきたサッカーに、世界各国で培った私の経験と、ドイツのエッセンスをうまくブレンドして、選手やスタッフと一丸となり全員で協力して、Y.S.C.C.サポーターの皆さまに今まで以上に愛され親しまれる、皆さまの誇りとなるチームへと、より成長していけるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いします」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO