FOLLOW US

J2降格の柏がDF補強、染谷悠太と田上大地の加入合意…流経大出身の2人

J1復帰を目指す柏レイソルが2選手の完全移籍加入合意を発表

 柏レイソルは7日、V・ファーレン長崎のDF田上大地京都サンガF.C.のDF染谷悠太が完全移籍で加入することで合意に達したと発表した。両選手とも、メディカルチェック後に正式契約を締結する見込みとなっている。

 田上は1993年生まれの25歳。流通経済大柏高校から流通経済大学に進学し、2015年には栃木SCの特別指定選手にも名を連ねた。2016年に長崎へ加入し、昨季は明治安田生命J1リーグで27試合出場3得点、JリーグYBCルヴァンカップと天皇杯で各2試合出場を記録した。

 完全移籍にあたり、田上は長崎の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「まず、皆さまに直接お伝えできないことを心苦しく思います。長崎では、色々な経験をさせてもらいました。1年目は試合になかなか出れず、苦しい時期を過ごしました。2年目はV・ファーレン長崎、そして長崎県民が一体となって掴んだ初のJ1昇格。3年目は1年でのJ2降格。正直、こんな激動な3年間を過ごすとは思っていませんでした。初めて長崎に着いたときの不安を今でも鮮明に覚えています。でも住んでみると、ご飯は美味しい、人は良いし、海は綺麗。そんな長崎が本当に大好きになりました。こんなにも長崎を離れることが嫌になるなんて思ってもいませんでした。今回、地元千葉のJ2柏レイソルからオファーをもらい、本当に悩みました。葛藤しました。今まで、高校大学、そして長崎と厳しい環境に飛び込み、1日1日全力で取り組み、それが少しずつ結果として現れていきました。今回の決断も、新しい環境で、より激しいポジション争いをしひとりのサッカー選手として成長するためにした決断です。長崎で過ごした3年間を武器に、柏で勝負したいと思います。V・ファーレン長崎は、これからもっともっと明るい未来へと繋がっていくと確信しています。社長を始め、スポンサー様、ファン、サポーターの皆様と共に明るい未来に向けて一緒に歩んで行くことはできませんが、これからは大好きなチームのひとつとして、応援しています。3年間本当にお世話になりました」

 また、加入する柏の公式HPでは以下のようにコメントしている。

「このたび、V・ファーレン長崎から移籍してきました田上大地です。『大地』って呼んでください!今回、プロとして千葉に帰って来ることができて、とても嬉しい気持ちでいっぱいですが、それ以上に強い覚悟を持って決断した移籍です。自分がどんなプレーヤーかはピッチ上で示していきたいと思います。とにかく熱い気持ちでみなさんと一緒に戦い、柏ファミリー全員が一丸となって、1年でJ1へ復帰しましょう!熱いご声援よろしくお願いします」

 染谷は1986年生まれの32歳。FC東京U-15、18を経て流通経済大学に進学し、2009年に京都へ加入した。2014年から2年間はセレッソ大阪でプレーし、2016年からは再び京都に所属。昨季は明治安田生命J2リーグで40試合出場1得点を記録した。

 完全移籍にあたり、染谷は京都の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「この度、柏レイソルに完全移籍することになりました。どんな時も支えていただき、応援していただいたファン・サポーターの皆さまには心から感謝の気持ちで一杯です。時に温かく、時に厳しく、いただいた声援や叱咤激励は愛情と受け止めていますし、絶対に忘れることはありません。本当にありがとうございました」

 また、加入する柏の公式HPでは以下のようにコメントしている。

「はじめまして、京都サンガF.C.から加入します染谷悠太です。柏レイソルの勝利のため、熱狂的なファン・サポーターの皆様の笑顔に貢献できるように日々努力を積み重ね、全身全霊をかけて闘いますので、よろしくお願いいたします」

Jリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA