FOLLOW US

J2新潟、昨季31戦出場の安田理大が契約満了で退団「就職活動中ですが…」

新潟退団が決まった安田理大 [写真]=J.LEAGUE

 アルビレックス新潟は7日、DF安田理大と2019年2月1日以降の契約を締結せず、昨季限りで契約満了とすることが決まったと発表した。

 安田は1987年生まれの31歳。ガンバ大阪の下部組織出身で、2006年にトップチーム昇格を果たした。2010年にはフィテッセ(オランダ)へ完全移籍で加入。2013年にジュビロ磐田に加入すると、以後はサガン鳥栖、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスと渡り歩いた。2017年には韓国2部の釜山アイパークへと移籍し、Kリーグチャレンジで21試合に出場している。

 そして昨季開幕前、新潟へ加入。昨季は明治安田生命J2リーグで30試合出場6得点、天皇杯で1試合出場を記録した。

 契約満了にあたり、安田は以下のようにコメントしている。

「昨シーズン限りでアルビレックス新潟を退団することになりました。 1年でJ1に昇格するという目標は達成できませんでしたが、個人的にはプロになってから考えられないくらいのゴールを1年で決めることができたのですごく心に残るシーズンを過ごすことができました。特に毎試合声援を送っていただいたアルビサポーターには武者震いをすることもありました。本当に感謝してもしきれません、ありがとうございました」

「そして、毎日ヤスダヨーグルトを飲んでいたので1年間練習を一度も休むことなく健康的に過ごすことができました。健康第一、これからも続けます。新しいチームはまだ決まっていなくて就職活動中ですが、またアルビサポーターの皆さんとお会いできることを楽しみにしています。アルビレックス新潟で僕に関わった全ての皆さん、本当にありがとうございました。アイシテルニイガタ」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA