2018.12.30

“常勝鹿島”のシンボル・小笠原満男の全17冠

引退を発表した小笠原満男が獲得した17冠を振り返る [写真]=Jリーグ
サッカー総合情報サイト

「チームを勝たせることができなくなった」。そう感じて小笠原満男は現役引退を決意したという。

 1998年、大船渡高校から鹿島アントラーズに入団。以降、獲得した主要タイトルの数は17を数える。チームが25年間で積み上げた全20冠のほとんどを小笠原は掲げてきた。いつしか鹿島は「常勝軍団」と呼ばれるようになり、小笠原はその象徴としてチームを牽引し続けた。だからこそ、自らの力に限界を感じたことで、担ってきた役割を後輩たちに託すという決断に至ったのだろう。

 発表から2日経った今でも、引退を惜しむ声は後を絶たない。その雄姿を称え、色褪せることはない21年の足跡を振り返りたい。

写真=Jリーグ、ゲッティイメージズ
※出場試合数と得点数はJリーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯、AFC・チャンピオンズリーグから算出。

1998年


7試合1得点
獲得タイトル:Jリーグ

小笠原の記念すべき1冠目はルーキーイヤーに訪れた。リーグ戦は5試合の出場に留まるも、天皇杯でプロ初ゴールをマークした。鹿島はジュビロ磐田とのチャンピオンシップに勝利し、リーグ王者を手にした。

1999年


21試合4得点
獲得タイトル:なし

2000年


38試合9得点
獲得タイトル:Jリーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯

背番号を27から「17」に変更した3年目にレギュラーに定着した。リーグ戦では28試合、カップ戦を含め計38試合に出場。史上初となるJリーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯の国内3冠を達成した。

2001年


30試合9得点
獲得タイトル:Jリーグ

この年から背番号は「8」になった。磐田とのチャンピオンシップでは、2ndレグの延長戦にVゴールとなる直接FKを決めてリーグ連覇を達成。自身5つ目のタイトルを自らのゴールで手繰り寄せた。

2002年


35試合5得点
獲得タイトル:ヤマザキナビスコカップ

2003年


34試合11得点
獲得タイトル:なし

前年には日韓ワールドカップに出場。迎えた2003年シーズン終盤、小笠原は秋田豊からゲームキャプテンを任された。ところが、この年から4シーズン連続でタイトルを獲得できず、チームは苦しんだ。

2004年


33試合7得点
獲得タイトル:なし

2005年


32試合11得点
獲得タイトル:なし

2006年


22試合4得点
獲得タイトル:なし

2006-07シーズン


セリエA:6試合1得点
コッパ・イタリア:2試合0得点

唯一、鹿島アントラーズを離れたのが、2006年8月からの約1年間だった。ドイツW杯終了後、セリエAのメッシーナへレンタル移籍。計8試合に出場して1ゴールを記録した。

2007年


22試合6得点
獲得タイトル:Jリーグ、天皇杯

7月にレンタル移籍が終了し鹿島に復帰。背番号は「40」に決まった。リーグ戦ではシーズン終盤まで9連勝で最終節で首位に立ち、6年ぶりのリーグ優勝を達成。復帰1年目にしてチームにタイトルをもたらした。

2008年


33試合6得点
獲得タイトル:Jリーグ

リーグ戦で左ひざを痛め長期離脱を強いられるも、ピッチ外から選手をサポート。チームはリーグ2連覇を達成した。

2009年


45試合5得点
獲得タイトル:Jリーグ

前人未到のリーグ3連覇を達成。小笠原はリーグMVPを獲得した。

2010年


46試合5得点
獲得タイトル:天皇杯

2011年


41試合1得点
獲得タイトル:ヤマザキナビスコカップ

2012年


42試合2得点
獲得タイトル:ヤマザキナビスコカップ

2013年


41試合2得点
獲得タイトル:なし

2014年


38試合2得点
獲得タイトル:なし

2015年


39試合1得点
獲得タイトル:ヤマザキナビスコカップ

2016年


40試合0得点
獲得タイトル:Jリーグ、天皇杯

2016年は1stステージ優勝、チャンピオンシップでは川崎フロンターレと浦和レッズを下し、7回目のJリーグ王者に輝いた。さらに、元日の天皇杯決勝でも勝利し、2冠を達成した。

2017年


26試合0得点
獲得タイトル:なし

2018年


23試合0得点
獲得タイトル:AFC・チャンピオンズリーグ

最後に掲げた優勝杯はアジアタイトルだった。今季はAFC・チャンピオンズリーグを勝ち抜き、チーム初のアジア制覇を達成。鹿島にとってはチーム20冠目となる節目のタイトルだった。

≪通算成績≫
655試合89得点

≪獲得した主要タイトル≫
Jリーグ:7回 (1998年、2000年、2001年、2007年、2008年、2009年、2016年)
ヤマザキナビスコカップ:5回 (2000年、2002年、2011年、2012年、 2015年)
天皇杯:4回 (2000年、2007年、2010年、2016年)
AFCチャンピオンズリーグ:1回(2018年)

≪個人タイトル≫
Jリーグ優秀選手賞:8回 (2001年、2002年、2003年、2004年、2005年、2008年、2009年、2010年)
Jリーグベストイレブン:6回 (2001年、2002年、2003年、2004年、2005年、2009年)
Jリーグ最優秀選手賞:1回 (2009年)
日本年間最優秀選手賞:1回 (2009年)
JリーグチャンピオンシップMVP:2回 (2000年、2001年)
ナビスコカップMVP:2回 (2002年, 2015年)
天皇杯決勝MVP:1回 (2001年)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る