FOLLOW US

仙台の佐々木匠が山口へ期限付き移籍、武者修行3年目へ…今季は讃岐でプレー

今季は讃岐でプレーした佐々木匠 [写真]=Getty Images

 ベガルタ仙台に所属するMF佐々木匠が、レノファ山口FCへ育成型期限付き移籍で加入することが決まった。期限付き移籍期間は2019年2月1日から2020年1月31日までで、契約により、同選手は仙台と対戦する全ての公式戦に出場できない。22日に両クラブが発表した。

 佐々木は1998年生まれの20歳。仙台ユース出身で、2016年にトップチームへ昇格した。2017年は徳島ヴォルティス、今季はカマタマーレ讃岐へ育成型期限付き移籍で加入し、明治安田生命J2リーグで40試合出場4得点を記録。期限付き移籍期間が満了となり、来季は山口でプレーすることが決まった。

 期限付き移籍期間満了にあたり、佐々木は讃岐の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「1年という短い間でしたが、お世話になりました。なかなか勝てず、難しいシーズンでしたが、どんな時も温かい声援をかけてくれたサポーターの方々には本当に支えられました。僕はこのチームが大好きです。離れるのがすごく辛いですが、僕がもっともっと活躍することがみなさんへの恩返しになると思ってこれからも頑張っていきたいと思います。本当に1年間ありがとうございました」

 所属元の仙台に対しては、公式HPにて以下のようにコメントしている。

レノファ山口FCに育成型期限付き移籍することとなりました。仙台に戻るという選択肢もいただき、悩みましたが、課題と数年後のビジョンと向き合い、今の自分を1番必要とし、成長できるクラブはどこなのかを考えて決断しました。さらに成長した姿をみなさんに見てもらえるように全力でがんばりますので、これからも応援よろしくお願いします」

 そして加入する山口の公式HPでは以下のようにコメントしている。

「この度レノファ山口FCに加入することになりました佐々木匠です。いくつかの選択肢があった中で、クラブの掲げるビジョン、霜田監督の想いを聞いて、レノファ山口FCの目指すサッカーに魅力を感じ、このチームでプレーしたいと思いました。チームの目標であるJ1昇格のために全力でプレーしますので、応援よろしくお願いします」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA