FOLLOW US

長崎が2選手の獲得を発表…岡山MF大竹洋平と清水DF角田誠の加入決定

長崎が大竹洋平(左)と角田誠(右)を獲得 [写真]=Getty Images

 V・ファーレン長崎は19日、ファジアーノ岡山MF大竹洋平清水エスパルスDF角田誠が完全移籍加入することを発表した。

 岡山で10番を背負ってきた大竹は、現在29歳。FC東京でプロキャリアをスタートさせ、セレッソ大阪、湘南ベルマーレでもプレーした経験を持つ。岡山には昨季から所属。2018明治安田生命J2リーグでは17試合出場1得点を記録したが、11月22日に岡山との契約満了が発表されていた。長崎加入が決まり、同選手はクラブ公式HPで次のようにコメントしている。

「長崎サポーターの皆さん。はじめまして、大竹洋平です。このチームでサッカーができる機会を与えていただいたことを、大変嬉しく思い、感謝しています。その思いをピッチで表現し、自分の持っている力を最大限に発揮して、チームの勝利に貢献します。そして、この長崎という街をサッカーで熱く盛り上げたいと思っています。一緒に戦いましょう!よろしくお願いします」

 一方、角田は現在35歳。京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)の下部組織出身で、2002年にトップ昇格を果たした。2004年には名古屋グランパスエイト(現名古屋グランパス)へ完全移籍したが、2006年途中に京都へ復帰。その後はベガルタ仙台で主将も経験し、2015年には川崎フロンターレに完全移籍したものの、同年8月より清水へ期限付き移籍した。翌年より完全移籍に移行。今季のJ1では5試合の出場にとどまり、12月10日に清水との契約満了が決まっていた。長崎加入に際し、同選手もクラブ公式HPでコメントを発表している。

清水エスパルスから加入しました角田誠です。このたびは長崎に加入することができ、とても嬉しく思っています。長崎はすごく一体感のあるチームだという印象があります。自分も早くチームの一員になれるよう、そしてJ1復帰に向けて全力を尽くします。これからよろしくお願いします」

 長崎は今季まで指揮を執っていた高木琢也監督が退任。来季からは手倉森誠新監督の下で新たなスタートを切る。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO