2018.12.17

鹿島FW安部裕葵の豪快弾、各国メディアが絶賛「ベストゴール」「魔法」

安部裕葵
グアダラハラ戦で決勝ゴールを挙げた安部裕葵 [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 15日に行われたFIFAクラブワールドカップ UAE 2018準々決勝で、鹿島アントラーズのU-20日本代表FW安部裕葵が豪快なミドルシュートを突き刺し、決勝ゴールを挙げた。19歳の同選手が決めたゴールを、各国メディアが絶賛している。

 鹿島は15日、北中米カリブ海王者のグアダラハラ(メキシコ)と対戦。開始早々に先制されたものの、後半に入って2-1と逆転に成功する。そして84分、ペナルティーエリア手前でパスを受けた安部が右足を振り抜き、強烈なミドルシュートをゴール右隅へ決めた。

 ペルー紙『La Republica』は「魔法のフィニッシュ」と安部のミドルシュートを表現。「素晴らしいゴールを決め、メキシコのチームの夢を打ち砕いた」と称賛している。

 またペルーメディア『RPP』も「大会のベストゴールだ」と絶賛し、フランスメディア『Eurosport.fr』も「安部のゴールがレアル・マドリード戦へと鹿島を導いた」と見出しを掲げて得点シーンの動画を掲載している。

 安部の決勝点でベスト4進出を決めた鹿島は19日の準決勝で、レアル・マドリード(スペイン)と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る