2018.12.09

クラブW杯を戦う鹿島、エース鈴木優磨の約2カ月間の負傷離脱を発表

鈴木優磨
負傷離脱が発表された鈴木 [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 鹿島アントラーズは9日、FW鈴木優磨の負傷について発表した。

 鈴木は5日に行われた天皇杯準決勝で先発フル出場を果たしていたが、負傷の可能性が伝えられていた。今回クラブは公式HP上で検査結果を発表。右ハムストリング筋の損傷で約2カ月の治療期間を要すると診断されている。

 同選手は今シーズンの明治安田生命J1リーグで32試合出場11ゴールを記録。今月に開催されるFIFAクラブワールドカップ UAE 2018の大会登録メンバーにも名を連ねている。

 鹿島は天皇杯準決勝で浦和レッズに0-1で敗れ、国内公式戦全日程を終了。次戦は15日、クラブW杯の準々決勝でグアダラハラ(メキシコ)と対戦するが、負傷がすでに発表されているMF三竿健斗やDF小田逸稀に続きエースの離脱で、大打撃となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る