2018.12.04

タフ且つクリーンな証拠! 今季のJリーグで全試合フルタイム出場を果たした選手たち

J1、J2、J3合わせて30選手がフルタイム出場を達成した [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1、J2、J3リーグはレギュラーシーズンの全試合を終えた。各ディビジョンで全試合フルタイム出場を果たした選手たちを紹介する。※ポジションはJリーグに登録されているものに準じる。

J1リーグ…全34試合 3060分出場

[写真]=J.LEAGUE

内訳ではGKが9名。フィールドプレーヤーが5名となっている。特筆すべきは北海道コンサドーレ札幌に所属する進藤亮佑。昨季は8試合の出場にとどまったが、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督にその才能を見出され、3バックの右に定着。プロ4年目で初のフルタイム出場を果たした。また西川周作(浦和レッズ)は5季連続のフルタイム出場を達成している。

GK ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌)
DF 進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌)
GK 西川周作(浦和レッズ)
MF 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
GK 飯倉大樹(横浜F・マリノス)
GK 秋元陽太(湘南ベルマーレ)
GK 六反勇治(清水エスパルス)
DF 大井健太郎(ジュビロ磐田)
DF 高橋祥平(ジュビロ磐田)
GK ランゲラック(名古屋グランパス)
DF 三浦弦太(ガンバ大阪)
GK キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)
GK 林卓人(サンフレッチェ広島)
GK 権田修一(サガン鳥栖)

J2リーグ…全42試合 3780分出場

[写真]=J.LEAGUE

全42試合と長丁場のJ2はJ1の半分以下となる6名がフルタイム出場となった。内訳はGKが4名。岡本昌弘(愛媛FC)はセーブ率でJ2トップの数値を記録している。フィールドプレーヤーは井林章(東京ヴェルディ)と鈴木義宜(大分トリニータ)の2名。井林、鈴木ともに今季受けた警告の数は1枚のみとなっている。

GK 上福元直人(東京ヴェルディ)
DF 井林章(東京ヴェルディ)
GK ビクトル(FC岐阜)
GK 岡本昌弘(愛媛FC)
GK 高木駿(大分トリニータ)
DF 鈴木義宜(大分トリニータ)

J3リーグ…全32試合 2880分出場

[写真]=J.LEAGUE

内訳はGKが4名。フィールドプレーヤーが6名とGKを上回っている。Y.S.C.C.横浜からは3名の選手がフルタイム出場を果たした。ボランチを本職とする後藤京介は中盤の選手として唯一の全試合フルタイム出場を達成した(川崎フロンターレの谷口彰悟はMF登録だが、今季は全試合センターバックとして出場)。

DF 福田友也(グルージャ盛岡)
GK 松原修平(ザスパクサツ群馬)
GK 浅沼優瑠(Y.S.C.C.横浜)
DF 宗近慧(Y.S.C.C.横浜)
MF 後藤京介(Y.S.C.C.横浜)
GK 杉本拓也(藤枝MYFC)
GK 永井堅梧(カターレ富山)
DF 甲斐健太郎(ガイナーレ鳥取)
DF 平出涼(鹿児島ユナイテッドFC)
DF 瀧澤修平(FC琉球)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る