2018.11.30

川口能活のラストゲーム目前! 宮本恒靖、中村俊輔らが寄せたメッセージがグッとくる

川口能活
国際Aマッチ116試合で日本のゴールを守った守護神。W杯には4大会連続で出場した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元日本代表のGK川口能活が、プロ25年の歴史に終止符を打つ。SC相模原はラストゲームとなる12月2日のJ3最終節・鹿児島ユナイテッドFC戦を前に、公式ツイッターで川口とつながりがある監督や選手たちからのメッセージを投稿した。



■西野朗(元日本代表監督)
1996年のアトランタ五輪を監督、選手という立場でともに戦い、ブラジルに勝利する“マイアミの奇跡”を起こした。当時の出来事を懐かしみながら、西野氏は「立派な指導者になってほしいと思います。ぜひたくさん勉強して、たくさんの経験値を、これから指導者として生かしてもらいたい」と語り、今後の活躍に期待を寄せた。

■岡田武史(FC今治 代表取締役会長)
1998年のフランスW杯で正GKに指名、2010年の南アフリカ大会では第3GKとしてサプライズ選出した。岡田氏は「2010年のW杯は、能活なしにはあの結果はなかったと思っています」と振り返り、「能活が本当にチームキャプテンとしてチームをまとめてくれた。心から感謝しています」と感謝の意を述べた。さらに「選手としてやってきた実績を、今度は指導者として生かしてもらいたい。FC今治もGKコーチを探しております!」とラブコールを送っている。

■宮本恒靖(ガンバ大阪監督)
宮本監督は「長い間、現役生活お疲れさまでした」と労いながら、日本代表で川口とプレーした日々を懐古。「なんと言ってもアジアカップの優勝が1番のいい思い出です。PKもたくさん止めてくれたし、一緒に戦ったという実感がある」と懐かしんだ。

■中澤佑二(横浜F・マリノス)
中澤はジーコジャパン時代に結成した“散歩隊”に触れた。「僕と能活さんとナラさん(楢崎正剛)で散歩隊とやっていた頃、能活さんがいろいろと天然発言をして、天然な行動もとっていて、本当に和みました」と先輩をイジりつつ、「僕はそんな能活さんが大好きです」と愛のあるメッセージを送った。

■中村俊輔(ジュビロ磐田)
中村は日本代表だけでなく、横浜マリノス、横浜F・マリノスでともにプレーした。このメッセージ動画では、「南アフリア大会の時、僕は試合に出られなくなってしまったんですけど、部屋に能活さんが訪ねてきてくれて、『頑張ろうよ』っていう励ましの言葉をいただいた」とエピソードを披露し、感謝の言葉を述べている。

 その他、曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)や山岸範宏(ギラヴァンツ北九州)、中村航輔(柏レイソル)らがメッセージを残しており、川口能活がいかに慕われていたかが伝わってくる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
フライブルク
3pt
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
アスレティック・ビルバオ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
京都
51pt
大宮
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る