2018.11.29

横浜FM、来季の席割とチケット価格を発表…価格変動制の導入が決定

横浜F・マリノス
横浜F・マリノスは価格変動制の導入を発表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 横浜F・マリノスは29日、来シーズンの席割とチケット価格を発表した。クラブ公式HPが伝えている。



 主な変更点は、バックスタンドの2階にバックアッパーゾーン(自由席)を設置すること、お子様連れのご家族専用のファミリーゾーン(ゾーン内自由席)を常設すること、一部企画チケット等を除く全ての席種、全ての試合でダイナミックプライシング(価格変動制)を導入すること、日産スタジアムの階層別価格設定を廃止することだという。

 ダイナミックプライシングとは試合日程、席種、市況、天候、個人の嗜好などに関するビックデータ分析を基に試合ごとの需要予測を行い、需要に応じたチケット価格の変更を自動的に行う制度。観客のニーズに応じた適正価格でチケットの販売を行うようだ。

 また、クラブ会員であるトリコロールメンバーズ会員の優先期間は、価格変動後のチケット価格より全席種一律一般500円、小中学生300円割引した価格にて販売することも伝えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
フライブルク
3pt
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
アスレティック・ビルバオ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
京都
51pt
大宮
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る