FOLLOW US

J1復帰の大分、GK修行智仁が契約満了で退団…15年から所属の34歳

大分トリニータが修行智仁との契約満了を発表

 大分トリニータは19日、GK修行智仁との契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことが決まったと発表した。

 修行は1984年生まれの34歳。立命館大学からガイナーレ鳥取、FC町田ゼルビアを経て2015年から大分でプレーしていた。今季は公式戦の出場機会を得られず、キャリア通算では明治安田生命J2リーグと明治安田生命J3リーグで各35試合に出場している。

 契約満了にあたり、修行は以下のようにコメントしている。

「大分のことが大好きです。ただ、選手として僕が大分でやれることはもうありません。この4年間で僕のやれることは全てやりきりました。今年で最後。その覚悟でこの1年を過ごしてきました。僕が大分でやりたかったことは、J1に昇格すること、少しでも若い選手の力になる事、そして大分の人を幸せにすることです」

「皆さんの応援のおかげでJ1に昇格することができました。ただ、僕の仕事はJ1に上がるまでであり、昇格したその時が大分とのお別れの時だとずっと思っていました。昇格しても大分でプレーすることはない。それでもみんなと昇格したい。そう思わせてくれるクラブでもありました。みんなの喜ぶ顔が見られて良かったです」

「そして、力のある若い選手が育つこのトリニータで何とか彼らの力になりたい。苦しい状況に置かれたとしても、自分のやるべきことをやり、そこから這い上がっていく、そういう姿を修行という人間を使って示したかったのです。何年か経ち、彼らが苦しみ悩んだ時にそっと背中を押す何かが彼らの中に残ってくれていれば僕にとってこれほど嬉しいことはありません。それが、僕が選手として大分にいる意味だったからです」

「そして、大分の人を幸せにすること。これは僕にとって最も大切なミッションでした。たくさんの大分の人とたくさんの思い出ができました。多くの人の顔を今も思い出しながらこのコメントを書いています。僕はすごく幸せでした。みなさんは幸せでしたか? 選手というのはいつか忘れ去られていくものです。たまに思い出される程度です。それでも構いません。その、僕を思い出すたまにの思い出話で、皆さんを少しでも幸せな気持ちにできたとしたら、僕の大分でのミッションは全て達成したことになります。感謝しています。皆さんの応援が僕にとって最高の幸せでした。ありがとう!!」

 大分は今季、明治安田生命J2リーグで23勝7分け12敗、勝ち点「76」で2位フィニッシュ。17日の最終節でモンテディオ山形と1-1で引き分け、自動昇格圏内でシーズンを終えてJ1復帰を決めた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA