FOLLOW US

福岡、井原正巳監督の退任を発表「一番長く指揮を執ったことは誇り」

退任が決まった井原正巳監督 [写真]=J.LEAGUE

 アビスパ福岡は19日、井原正巳監督が今シーズンをもって退任することを発表した。

 井原監督は、2015年に福岡の指揮官に就任すると、初年度にJ1昇格へと導いたものの、1年で降格。昨シーズンはJ1昇格プレーオフ進出を果たしたが、1年でのJ1復帰は逃した。就任4年目となった今季は、19勝13分け10敗の勝ち点「70」で7位に終わった。

 福岡は退任理由について、今季の目標だったJ2リーグ優勝とJ1昇格を果たせなかったことで、「井原監督自身から退任の申し入れがありクラブで協議した結果、本人の意思を尊重し現契約期間の満了となる今シーズンでの退任となりました」と説明している。

 井原監督はクラブ公式HPを通じて次のようにコメントを発表した。

「ファン・サポーターの皆様、スポンサー、株主の皆様、関係者の皆様、アビスパに関わる全ての皆様、あたたかいご支援、力強いご声援をいただき、本当にありがとうございました。今シーズンをもって退任させて頂くことになりました」

「皆様からたくさんの力をいただいたにも関わらず、今シーズンの目標であったJ2優勝、J1昇格を果たせず、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。選手は本当に頑張ってくれましたが、すべては自分の力不足だと思っています。 この場をお借りしてお詫び申し上げます」

「2015年から今シーズンまでの約4年間、素晴らしい選手たち、スタッフに囲まれ、素晴らしい環境の中で仕事をさせてもらいました。アビスパ福岡で監督としてのキャリアをスタートさせていただいたこと、これまでのクラブの歴史の中で一番長く指揮をとらせていただいたことはわたしにとっての誇りです。そしてアビスパを通じて多くの方々と出会えたことに心から感謝しています」

アビスパ福岡での経験をもとに、さらに指導者として成長し、いつの日かまたこの大好きな福岡の地で、皆さんに恩返しできればと思っています。4年間本当にありがとうございました。これからのアビスパ福岡のさらなる発展を心より願っております」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO