2018.11.11

JFLの八戸、来季からのJ3昇格決定! 岡田武史氏がオーナーの今治は次節持越し

J LEAGUE
JFLの試合が各地で行われた [写真]=by Masashi Hara/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本フットボールリーグ(JFL)セカンドステージ第14節の試合が11日に各地で開催され、この結果ヴァンラーレ八戸が来シーズンからのJ3参入条件となる年間通算順位4位以内を確定させた。



 八戸はアウェイでヴィアティン三重と対戦し、3-1で勝利。この結果、4位以内でシーズンを終えることが確定し、来シーズンは青森県初のJリーグ参入クラブとしてJ3を戦う。

 一方、元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治はアウェイでMIOびわこ滋賀に1-2で敗れた。同クラブは今節の勝利で八戸と同じく4位以内が確定したが、敗れたため次節持越しとなった。またソニー仙台FCにかわされ5位に順位を落としている。

 今治はJ3昇格のため、18日に行われる最終節でソニー仙台を抜き4位に入る必要がある。今治はホームでホンダロックSCと、昇格を争うはソニー仙台はホームにFCマルヤス岡崎を迎える。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
52pt
鹿島アントラーズ
51pt
横浜FM
48pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
63pt
山形
57pt
横浜FC
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
群馬
44pt
熊本
44pt
北九州
43pt
Jリーグ順位をもっと見る