2018.11.10

川崎、J1連覇を達成! 終了間際弾でC大阪に敗戦も…2位広島が敗戦

川崎フロンターレ
[写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第32節が10日に行われ、セレッソ大阪と川崎フロンターレが対戦した。

 試合はアウェイの川崎がボールを保持した形で進むが、なかなかチャンスを作り出すことができない。すると、徐々にC大阪がペースをつかんで、決定機を作るが決めることができず、スコアレスで前半を折り返した。

 試合が動いたのは55分、ゴール前で田中亜土夢からのパスを受けた杉本健勇が、ファーストタッチで相手DFを置き去りにし、左足でシュート。これがゴールネットを揺らし、C大阪が先制に成功した。しかし、試合終了間際に川崎がPKを獲得。キッカーを務めた家長昭博が右隅に決めて、同点に追いついた。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、左からのクロスに合わせた山村和也が勝ち越しゴールを決め、2-1で試合終了。

 川崎は敗れたものの、他会場で同時刻に行われていた2位サンフレッチェ広島がベガルタ仙台に0-1で敗れたことで、J1リーグ連覇が決定した。一方、C大阪は川崎戦4連勝を達成。リーグ戦は3試合ぶりの白星を飾った。

 次節、C大阪は24日にホームで柏レイソルと、川崎は同日にアウェイでFC東京と対戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 2-1 川崎フロンターレ

【得点者】
1-0 55分 杉本健勇(C大阪)
1-1 90分 家長昭博(PK/川崎)
2-1 90分+4分 山村和也(C大阪)

【スターティングメンバー】
セレッソ大阪(4-4-2)
キム・ジンヒョン;松田陸、マテイ・ヨニッチ、山下達也、丸橋祐介;山口蛍、ソウザ(88分 木本恭生)、水沼宏太、田中亜土夢(76分 福満隆貴);柿谷曜一朗(65分 山村和也)、杉本健勇

川崎フロンターレ(4-2-3-1)
新井章太;エウシーニョ(76分 鈴木雄斗)、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎;守田英正、大島僚太;家長昭博、中村憲剛、登里享平(37分 知念慶);阿部浩之(76分 齋藤学)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る