FOLLOW US

首位川崎、雨中のシーソーゲームを制す! 大量5得点で神戸を撃破

明治安田生命J1リーグ第30節で川崎と神戸が対戦した

 明治安田生命J1リーグ第30節が20日に行われ、首位川崎フロンターレヴィッセル神戸に5-3で勝利した。

 先制したのは川崎。13分、エリア内で大崎に倒されて獲得したPKを小林悠が冷静に決めた。しかし2分後、混戦の中でエウシーニョがクリアしたボールが、奈良の背中に当たって無情にも味方のゴールへ。ラッキーな形で神戸が同点とする。

 勢いに乗った神戸は、ともにポドルスキのパスから28分には古橋が、35分には三田がそれぞれ美しいミドルシュートを叩き込んで2点を追加して勝ち越した。

 逆転を許した川崎は43分に家長のゴールで1点を返すと、後半は完全にゲームの主導権を握って神戸を押し込む。65分に齋藤学が移籍後初となるゴールを決めて同点とすると、70分には華麗なパスワークから最後は大島が流し込んで逆転に成功した。

 その後さらに1点を追加した川崎は5-3で勝利。次節は11月3日、川崎はホームで柏レイソルと、一方の神戸は敵地で名古屋グランパスとそれぞれ対戦する。

【スコア】
川崎フロンターレ 5-3 ヴィッセル神戸

【得点者】
1-0 13分 小林悠(川崎/PK)
1-1 15分 OG(奈良竜樹/神戸)
1ー2 28分 古橋亨梧(神戸)
1-3 35分 三田啓貴(神戸)
2-3 43分 家長昭博(川崎)
3-3 65分 齋藤学(川崎)
4-3 70分 大島僚太(川崎)
5-3 76分 エウシーニョ(川崎)

【スターティングメンバー】
川崎フロンターレ(4ー4ー2)
チョン・ソンリョン;エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、登里享平;大島僚太(86分 下田北斗)、中村憲剛、家長昭博、齋藤学(81分 長谷川竜也);小林悠、知念慶(87分 鈴木雄斗)

ヴィッセル神戸(4ー2ー3ー1)
キム・スンギュ;藤谷壮(90分 大槻周平)、那須大亮(76分 アフメド・ヤセル)、大崎玲央、橋本和;アンドレス・イニエスタ、藤田直之、三田啓貴(71分 伊野波雅彦)、ルーカス・ポドルスキ、古橋亨梧;ウェリントン

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA