2018.10.18

9月のJリーグ月間MVP発表…J1からは今野泰幸、J2からは飯田真輝が選出

今野泰幸、飯田真輝
9月のMVPに輝いた今野泰幸(左)と飯田真輝(右)[写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは17日、『明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP』を発表した。

 J1はガンバ大阪のMF今野泰幸が初受賞。9月1日の川崎フロンターレ戦で復帰して以降、チームは9月のリーグ戦で4戦全勝するなど、同選手の復帰を機にチームは上り調子となり、Jリーグ選考委員会は「相手の攻撃の芽を摘む素早い寄せでボールを奪い、味方のチャンスを増やしていくプレーで、攻守に安定感をもたらした」と総評している。

 今野は「まさかまさかの受賞で非常に驚いています。こういった賞には縁のない選手だと思っていたので、涙が出そうなくらい本当に嬉しいです。今回の受賞は、チームメイトやスタッフ、サポーターの皆様のおかげだと思います。まだまだチームは残留争いに巻き込まれているので、これからも一日一日を大切にして、またこういう賞をもらえるように、そしてチームが勝って、少しでも上位に行けるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願いいたします」とコメントを発表した。

 J2は松本山雅FC のDF飯田真輝が初受賞を果たした。開幕戦から9月末の第35節まで全試合にフル出場し、9月は2勝3分けと負けなしでチームの上位キープに貢献する活躍を見せ、Jリーグ選考委員会は「優勝争いを続けているチームになくてはならない活躍に注目が集まり、今回の受賞に至った」と評価した。

 飯田は「受賞を聞いてたぶん誰よりも自分が驚いています。選考理由を見ても1番はチーム状況からだと思います。その中でも自分のことを評価してもらえたのは光栄です。今回の受賞は今年のJ2の多くのチームに昇格のチャンスがある状況と似たものがあると思います。11月のMVPは昇格を決めた松本山雅のFWが受賞することを期待してこれからもチームのために闘っていきたいと思います」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る