FOLLOW US

甲府FW金園英学、全治8カ月の大ケガ…練習試合で右ひざじん帯負傷

今季のJ2で20試合出場6得点を記録している金園英学 [写真]=Getty Images

 ヴァンフォーレ甲府は16日、FW金園英学が右ひざ前十字じん帯損傷、右ひざ内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。同選手は今月7日に行われたトレーニングマッチで負傷。全治約8カ月と診断されている。

 金園は1988年生まれの30歳。関西大学出身で、2011年にジュビロ磐田に加入した。2015年にベガルタ仙台へ完全移籍で加入し、2016年12月には北海道コンサドーレ札幌への完全移籍が決定。今季は甲府に期限付き移籍で加入し、明治安田生命J2リーグで20試合出場6得点を記録している。

 甲府は今季、明治安田生命J2リーグ第37節終了時点で26試合を消化し、13勝10分け13敗。勝ち点「49」で11位となっている。次戦は16日、未消化分の第35節で徳島ヴォルティスとのアウェイゲームに臨む。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO