FOLLOW US

甲府DF湯澤聖人、前十字じん帯損傷で全治8カ月…今季リーグ戦27試合出場

ヴァンフォーレ甲府が湯澤の負傷を発表

 ヴァンフォーレ甲府は8日、3日のトレーニング中で負傷したDF湯澤聖人が右ひざ前十字じん帯損傷だと診断されたと発表した。全治は8カ月と診断されている。

 10日に24歳の誕生日を迎える湯澤は、昨冬に柏レイソルから甲府に加入。今季の明治安田生命J2リーグでは27試合に出場して、2得点を記録していた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA