FOLLOW US

浦和、仙台とドロー決着で4連勝ならず…橋岡大樹がプロ初ゴール

プロ初ゴールを決めた橋岡 [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第29節が7日に行われ、ベガルタ仙台浦和レッズが対戦した。

 試合は24分、橋岡大樹がプロ初ゴールとなるヘディングシュートを沈め、浦和が先制に成功する。対する仙台も40分、野津田岳人のフリーキックを板倉滉が頭で合わせ、前半のうちに試合を振り出しに戻す。後半は両チームともにゴールを狙って攻め続けるも、最後までゴールネットを揺らすことができない。試合はこのまま終了し、上位進出を狙う両チームの一戦はドロー決着となった。

 次節は20日に行われ、仙台はサガン鳥栖と、浦和は鹿島アントラーズと、それぞれホームで対戦する。
 
【スコア】
ベガルタ仙台 1-1 浦和レッズ

【得点者】
0-1 24分 橋岡大樹(浦和)
1-1 40分 板倉滉(仙台)

【スターティングメンバー】
仙台(3-5-2)
シュミット・ダニエル;平岡康裕、大岩一貴、板倉滉;蜂須賀孝治、椎橋慧也、関口訓充(84分 永戸勝也)、野津田岳人、梁勇基(69分 奥埜博亮);石原直樹、阿部拓馬(77分 ハモン・ロペス)

浦和(3-5-2)
西川周作;岩波拓也、マウリシオ、槙野智章;橋岡大樹、長澤和輝(84分 柴戸海)、青木拓矢(59分 阿部勇樹)、柏木陽介、宇賀神友弥;武藤雄樹、興梠慎三(77分 アンドリュー・ナバウト)

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA