FOLLOW US

今年のテーマは“光”…明治安田生命「MY Bloom 2018」に全国から1100名が集結!

今年も開催された「MY Bloom 2018」には、多くの社員が参加した

 明治安田生命Jリーグ女子倶楽部「MY Bloom 2018」が9月28日、都内で開催された。

 同社は2015年よりJリーグとタイトルパートナー契約を締結。「明治安田生命Jリーグ」として装い新たに旗上げすると、“従業員全員がサポーター”をスローガンに、J1、J2、J3と各カテゴリーのJクラブに加え、JFLや地域リーグ所属のチームをサポートしてきた。さらに、同社はスポンサーとしてリーグを支援するだけではなく、「地域貢献」にも尽力している。日本全国の各支社が地元のチームと連携し、小学生向けのサッカー教室を実施。Jクラブの現役選手やOB選手指導の下、昨年は186回小学生向けのサッカー教室を実施した。

全国の各支社と双方向のオンライン通信を実施し、計1100名もの社員が集結した

 他にも、取引先企業をスタジアムに招待して一緒に観戦するなど、多くの人がサッカーを楽しめる施策を数多く実施している。「明治安田生命Jリーグ女子倶楽部」もJリーグ盛り上げの一環で、同社の女性社員を対象とし、女性のJリーグファン増加や全社的な盛り上げを企図して設立。以降、本社や全国の支社等の全組織で自主的に活動がスタート。Jリーグ初心者の従業員が参画しやすい応援活動の推進や、Jクラブと提携し女性限定の特典がついたチケット販売を企画するなど、趣向を凝らした試みでJリーグを盛り上げている。この日開催された「MY Bloom 2018」には、375名の社員が会場に集結した。

“光”をモチーフにしたパフォーマンスでは、社員全員がペンライトを持って参加

 さらに、全国の各支社と双方向のオンライン通信を実施。720名の社員とモニター越しにコミュニケーションを取り、計1100名(男性社員も含む)もの大所帯となった。また、同イベントは東京大学の大学院生による“光”をテーマにしたイタラクティブパフォーマンスチーム「動 Ku 光」が監修。東京都社会人サッカーリーグ3部のTOKYO CITY F.C.とコラボし、パスやドリブルを光のアートで魅せるパフォーマンスを披露した。さらに、フリースタイルフットボール集団「ArtiSTARE」によるパフォーマンスや、タレントのシンディーさんが特技のものまねを披露しながらJリーグの楽しみ方をプレゼンするなど、大きな盛り上がりを見せた。

イベントの終盤には黒柳徹子さん(?)もサプライズで登場!

 Jリーグ女子倶楽部はJクラブと意見交換を行い、女性サポーターのスタジアム増員を目指した活動も行っているという。明治安田生命は今後もJリーグとタッグを組み、日本サッカー界を盛り上げていく。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA