FOLLOW US

【広島vsFC東京プレビュー】首位・3位の直接対決、広島は渡の出場が流動的…F東京は室屋に代わり小川が右SBか

不動の右サイドバックとして君臨してきた室屋成だが、今節は出場停止。FC東京にとっては大きな痛手だ [写真]=Getty Images

■サンフレッチェ広島 最年長・森﨑の部分合流でチーム全体に安心感

【プラス材料】
 慢性疲労症候群の症状が悪化したため、一時はトレーニングを行うことすらできなかった森﨑和幸だが、今週のトレーニングから一部ではあるがチームトレーニングに合流。対人トレーニングはまだ別メニューではあるが、フィジカルやシュート練習などではチームメイトとともに汗を流した。チーム最年長であり、誰からもリスペクトされる経験と技術、戦術眼を持つ森﨑の復帰はチームに安心感を与え、全体の雰囲気を一気に盛りあげた。

 まだ戦列に戻ってくるまでは時間がかかる見込みだが、ボールを扱う正確な技術は全く衰えしらず。抜群のポジションどりとチーム全体のリズムを構築できる「ドクトル・カズ」の復帰は、選手たちに大きな勇気を与えている。

【マイナス材料】
 ここ4試合連続で先発している渡大生が、今週の練習で肉体に異変を起こし、別メニュー調整に。最後の最後、ギリギリまで様子を見極める方針のようだが、出場できるかどうかは五分五分。ガムシャラに前線で走り回り、相手にプレスをかけ、攻守に運動量を発揮する野生児がもし離脱ということになれば、チームへの痛手は大きい。もちろん、FWには他にも人材はいるが、ティーラシンやベリーシャ、工藤壮人にしても、悪くはないがポジションを確保するに至っていないのが現状だ。

 また、前節の鳥栖戦では今季初めてセットプレーから失点して敗戦。FC東京に太田宏介という素晴らしいキッカーがいることを考えても、セットプレーの守備に再整備が求められる。

文:紫熊倶楽部 中野和也

■FC東京 6試合未勝利で指揮官はメンバーの入れ替えを示唆

【プラス材料】
 リーグ前節・仙台戦の前半は、相手のシュートをゼロに抑えるなど、組織的なディフェンスが機能。オウンゴールによる失点は喫したものの、攻撃から守備への切り替えの早さが際立ち、大きな綻びはなかった。ただし6試合未勝利の結果を踏まえ、長谷川健太監督は「ここまではある程度メンバーを固定してきたが、テコ入れをしてチームに“刺激”を与えたい」と、メンバーの入れ替えを示唆。室屋成が出場停止となることもあり、サイドバックには小川諒也。サイドハーフには田邉草民の起用が濃厚か。

 小川は「苦況を脱するために守備面はもちろんだが、左利きを生かしてゴールに直結するプレーをしたい」と意気込みを話す。フレッシュな選手の攻撃を活性化するプレー、アイデアに期待がかかる。

【マイナス材料】
 直近の3試合連続でノーゴールに終わり、得点力不足は深刻。特にD・オリヴェイラが多くのタスクをこなす中で、ゴール前での精彩を欠いていることは気掛かりだ。チームとしては、長谷川監督が目指す「ファストブレイク」=前線でボールを奪い、素早く攻める姿勢は取り戻しつつあるものの、クロスに飛び込む迫力や思い切りの良さが欠け、数多く得たセットプレーのチャンスも生かせなかった。

 次節は、堅守を誇る首位・広島が相手。そのゴールを割れるかに注目が集まる一戦でもある。長谷川監督は「我々の持てる力、攻撃の武器を研ぎ澄ませて戦いたい」と狙うが、選手同士が互いの特長を理解し、意思疎通を図っていくことができなければ苦況は続く。室屋の出場停止もマイナス要素だが、総力戦でプラスに変えることができるか、も焦点だ。

文:totoONE編集部

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO