FOLLOW US

神戸FWポドルスキ、監督交代は「ポジティブに捉える」…状況の好転を予期

ポドルスキが監督交代について語った [写真]=Getty Images

 ヴィッセル神戸は17日、吉田孝行監督の退任とフアン・マヌエル・リージョ新監督の就任を発表した。神戸市内で行われた記者会見には主将の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキも参加し、会見後に囲み取材に応じている。

 監督交代を受け、ポドルスキは「今までの監督も含めてすごく良い仕事をしていたと思うし、彼らと別れなければいけないのはすごく残念なことだったけど、新しい監督が来るというのは必ず新しい血、新しい流れというのを生むので、それをもうポジティブに捉えなければいけない」と受け止めていることを明かした。その上で「監督交代というのはスポーツの世界、サッカーの世界ではよくあることなので、ポジティブに受け止めていくしかないし、進んでいくだけ」と語り、これを浮上のきっかけにしようとしている。

 リージョ新監督については、「さっき会ったばかりなので、特別な印象はない」と多くを語らなかった。そして、「浦和戦に向けてしっかり準備して、そこでも負けていいわけではないので。もちろんこのタイミングでチーム全体を変えることはできないけど、監督を代えて新しい流れ、新しい血を入れるということで、新しい良い流れが来るんじゃないか」と話し、状況の好転を予期した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO