FOLLOW US

神戸、新監督は“ペップの師”! フアン・マヌエル・リージョ氏が就任

神戸の新監督に決まったフアン・マヌエル・リージョ [写真]=LatinContent/Getty Images

 ヴィッセル神戸は17日、新体制に関する発表を行った。

 新監督には、スペイン人のフアン・マヌエル・リージョ氏が就任する。神戸は、17日午前に吉田孝行監督の退任と林健太郎アシスタントコーチの暫定的な監督就任を発表していたが、同日中に新監督が決定した。

 現在52歳のリージョ氏は、これまでレアル・ソシエダやアルメリア、アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)などで指揮した経験を持つ。また、セビージャではアシスタントコーチとしてMF清武弘嗣を指導していた。現在マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督は、リージョ氏を「師」と仰いでいる。

 昨夏に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、今夏に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを獲得するなど大型補強を続けてきた神戸だが、2018明治安田生命J1リーグでは現在10勝6分け10敗の勝ち点「36」で8位にとどまっている。リージョ新監督の下で、再出発を図ることとなった。なお、同監督の就労環境が整うまでは、林暫定監督が指揮を執る。

 神戸が発表した新体制は以下の通り。

▼監督
フアン・マヌエル・リージョ ※新任

▼ヘッドコーチ
イニーゴ・ドミンゲス・ドゥラン ※新任

▼アシスタントコーチ
ホルヘ・ムニョル・ディアス ※新任
林健太郎
マルコス・ビベス

▼GKコーチ
アレックス

▼フィジカルコーチ
咲花正弥

▼コンディショニングコーチ
田中章博

▼監督通訳
在原正明 ※新任

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA