2018.09.15

名古屋の連勝を止めたのは最下位・長崎! 鈴木がハット達成…8試合ぶりの白星

鈴木武蔵
鈴木(右)はハットトリックを達成した [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第26節が15日に行われ、名古屋グランパスV・ファーレン長崎が対戦した。

 開始8分、澤田崇のパスに抜け出した飯尾竜太朗が中央へクロス。鈴木武蔵が押し込んで、アウェイの長崎が先制する。対する名古屋は30分、前田直輝が得意のカットインから左足を振り抜く。このシュートが決まり、前半のうちに追いつく。

 後半立ち上がりの48分、最終ラインからのフィードにジョーが反応。相手DFとの攻防を制し、右足でシュートを叩き込んだ。ジョーは3試合連続、今季19得点目となった。長崎は53分、澤田がドリブルで持ち上がり右サイドの飯尾に展開。飯尾のクロスを鈴木が頭で合わせて、すぐさま同点とする。その3分後の56分には澤田のドリブル突破から鈴木が勝ち越し点。さらに70分には中村慶太がPKを沈めて、今季最多4得点目を挙げた。試合終盤、追いかける名古屋は丸山祐市を前線に上げてパワープレーに出る。すると89分、混戦からジョーがこの日2点目を決めた。

 試合は3-4で終了。名古屋の連勝は7でストップ。長崎は連敗を5で止め、8試合ぶりの勝利を挙げた。次節、名古屋はアウェイで川崎フロンターレ、長崎はホームでベガルタ仙台と対戦する。

【スコア】
名古屋グランパス 3-4 V・ファーレン長崎

【得点者】
0-1 8分 鈴木武蔵(長崎)
1-1 30分 前田直輝(名古屋)
2-1 48分 ジョー(名古屋)
2-2 53分 鈴木武蔵(長崎)
2-3 56分 鈴木武蔵(長崎)
2-4 70分 中村慶太(長崎)
3-4 89分 ジョー(名古屋)

【スターティングメンバー】
名古屋グランパス(4-4-2)
ランゲラック:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、金井貢史:小林裕紀(87分 新井一耀)、エドゥアルド・ネット、玉田圭司(66分 八反田康平)、児玉駿斗(46分 和泉竜司):ジョー、前田直輝

V・ファーレン長崎(3-4-2-1)
徳重健太:徳永悠平(90分 ヨルディ・バイス)、田上大地、高杉亮太:飯尾竜太朗、黒木聖仁、島田譲、翁長聖:中村慶太(90+4分 米田隼也)、澤田崇:鈴木武蔵(86分 ファンマ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る