FOLLOW US

J3群馬、FW岩田拓也が右外側半月板水平断裂…全治約4カ月と診断

ザスパクサツ群馬が岩田拓也の負傷を発表

 ザスパクサツ群馬は13日、FW岩田拓也が右外側半月板水平断裂と診断されたことを発表した。同選手は以前から痛めていた箇所について検査を受け、全治約4カ月と診断されている。

 岩田は1994年生まれの22歳。FC東京の下部組織出身で、明治大学を経て今季開幕前に群馬へ加入した。昨年7月5日に相模原への期限付き移籍加入が発表され、明治安田生命J3リーグで13試合出場2得点を記録。昨季終了後に群馬へ復帰し、今季は明治安田生命J3リーグ第22節終了時点で12試合に出場している。

 群馬は今季、明治安田生命J3リーグ第22節終了時点で21試合を消化し、10勝4分け7敗。勝ち点「34」で4位につけている。次節は16日、カターレ富山とのアウェイゲームに臨む。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA