2018.08.21

神戸MF増山朝陽、右前十字じん帯損傷で手術…全治6カ月以上の見通し

増山朝陽
今季のJ1では7試合に出場していた増山朝陽 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヴィッセル神戸は21日、MF増山朝陽が右前十字じん帯損傷と診断されたことを発表した。同選手は今月5日の明治安田生命J1リーグ第20節FC東京戦で負傷。13日に手術を受け、全治約6~8カ月と診断されている。

 増山は1997年生まれの21歳。東福岡高校出身で、2015年に神戸へ加入した。昨季は横浜FCへの期限付き移籍を経験。今季は神戸へ復帰し、明治安田生命J1リーグ第23節終了時点で7試合出場1得点を記録している。

 神戸は今季、明治安田生命J1リーグ第23節終了時点で10勝6分け7敗の勝ち点「36」で4位につけている。次戦は22日、天皇杯ラウンド16でサガン鳥栖と対戦。26日の明治安田生命J1リーグ第24節では横浜F・マリノスをホームに迎える。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る