FOLLOW US

「チェルシー戦を思い出す」…イニエスタの2戦連発、各国で報道「魔法だ」

広島戦で強烈なミドルシュートを決めたイニエスタ(中央) [写真]=Getty Images

 15日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節のサンフレッチェ広島戦で、ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが鮮やかなミドルシュートを決めた。11日の第21節ジュビロ磐田戦に続くスーパーゴールに、各国メディアも注目している。

 イニエスタは広島戦の17分、ペナルティーエリア左手前でボールを持つと、対面する相手をフェイントで外して中央へドリブル。駆け引きでマークを剥がし、シュートコースを見出すと右足を一閃。ゴール左隅へ突き刺さる、強烈なミドルシュートだった。

 スペイン紙『エル・ムンド』は「イニエスタの日本での2得点目は、2009年のスタンフォード・ブリッジを思い出させる」と見出しを掲げた。2008-09シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグでチェルシーと対戦したバルセロナは、敵地で0-1とビハインド。しかし後半アディショナルタイム、イニエスタがペナルティーエリア右手前から強烈なミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、劇的な同点弾でチームを決勝へと導いたのだった。

 当時の得点と広島戦の一撃はシュートコースが異なるとはいえ、どちらも鮮烈なものだったことは間違いない。スペイン紙『La Vanguardia』も「センセーションをもたらした」と報じ、アルゼンチン紙『クラリン』は「素晴らしいゴール。色あせていない(損なわれていない)魔法だ」と絶賛している。

 各国メディアも注目するイニエスタの活躍。次節、19日の湘南ベルマーレで3試合連続得点は実現するだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA