2018.08.10

7月の月間MVP発表…J1は4戦3発の鈴木優磨、J2は守護神の守田達弥

鈴木優磨、守田達弥
7月のMVPに輝いた鈴木優磨(左)と守田達弥(右)[写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは10日、『明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP』を発表した。

 J1は鹿島アントラーズのFW鈴木優磨が初受賞。リーグ戦再開後、4試合に出場し3得点2アシストの活躍を見せ、Jリーグ選考委員会は「今後の活躍への期待、多彩なプレーに評価が集まり、月間MVP初受賞となった」と総評している。

 鈴木は「自分にとって初めてのJ1月間MVPを受賞することができ、とても嬉しく思います。中断期間中のトレーニングのおかげで、今は色々な選手が攻撃に絡み、チームとして得点を奪う形を数多く作ることができています。今回の受賞と自分のゴールはチームメイトあってこそなので、みんなに感謝したいです。これからもアントラーズの勝利に貢献できるプレーを続けていけるよう、全力で頑張ります!」とコメントを発表した。

 J2は松本山雅FCのGK守田達弥が初受賞を果たした。守備の要として、7月は4勝1分け、わずか1失点で首位キープに貢献する活躍を見せ、Jリーグ選考委員会は「安定感のあるプレーでチームに結果をもたらした活躍が評価され、月間MVP初受賞となった」と評価した。

 守田は「7月のMVPに選ばれてとても光栄です。この賞は、チームメイトはもちろんですが、ホームもアウェイもスタジアムで熱く応援してくれるサポーターの皆さんと一緒に獲れたものだと思います。特にゲーム終盤のセットプレーでの守備のときには、サポーターの大きな声援は本当に後押しになりますし、選手たちは『やるぞ!』という気持ちになっています。評価していただいたプレーをしっかりと継続して、J1昇格に向けて気を緩めずにやっていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る