FOLLOW US

甲府MF島川俊郎が左足疲労骨折で手術、全治約4カ月…今季J2で14戦出場

昨季から甲府でプレーしている島川俊郎 [写真]=Getty Images

 ヴァンフォーレ甲府は8日、MF島川俊郎が左足舟状骨疲労骨折と診断されたことを発表した。同選手は7日に手術を受け、全治約4カ月と診断されている。

 島川は1990年生まれの28歳。柏レイソルの下部組織出身で、2009年にベガルタ仙台へ加入した。2012年からは東京ヴェルディやブラウブリッツ秋田への期限付き移籍を経験。2014年に秋田へ完全移籍で加入した後、2016年はレノファ山口FCと栃木SCでプレーし、昨季から甲府に所属している。今季は明治安田生命J2リーグ第27節終了時点で14試合出場2得点を記録している。

 甲府は今季、明治安田生命J2リーグ第27節を終えて9勝7分け11敗の勝ち点「34」で14位。次節は11日、ツエーゲン金沢とのアウェイゲームに臨む。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO