FOLLOW US

磐田DF大井が終了間際に執念の同点弾! G大阪は宮本体制2試合連続ドロー

磐田は大久保は移籍後初スタメン [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第19節が1日に行われ、ジュビロ磐田ガンバ大阪が対戦した。

 磐田は山本康裕が4試合ぶりのスタメンで田口泰士とともにボランチを形成。川崎フロンターレから新加入の大久保嘉人が移籍後初先発を飾った。対するG大阪は遠藤保仁が今季初のベンチスタート。高卒2年目の高江麗央と高宇洋がダブルボランチを組む。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半開始から遠藤を投入する。すると82分、セットプレーのチャンスを獲得すると、藤本淳吾が左足でエリア内へクロス。クリアボールを拾ったファン・ウィジョが強烈なシュートを突き刺し、G大阪が先制する。対する磐田は後半アディショナルタイム、猛攻を仕掛けると最後は大井健太郎が頭で決めて、土壇場で同点に追いついた。

 試合は1-1で終了。G大阪はリードを守り抜けず、宮本恒靖監督2試合連続ドローとなった。次節は5日、磐田はホームでベガルタ仙台、G大阪はアウェイで名古屋グランパスと対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 1-1 ガンバ大阪

【得点者】
0-1 82分 ファン・ウィジョ(G大阪)
1-1 90+3分 大井健太郎(磐田)

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA