FOLLOW US

16位G大阪に山口MF小野瀬康介が加入…今季はJ2で自己最多10ゴール

G大阪への完全移籍が決まった小野瀬康介 [写真]=Getty Images

 ガンバ大阪が、レノファ山口FCからMF小野瀬康介を完全移籍で獲得した。両クラブが31日に発表している。

 移籍決定に際し、小野瀬は山口のクラブ公式HPでコメントを発表。ファン・サポーターに別れの言葉を送った。

「このたび、ガンバ大阪への移籍を決断いたしました。このようなタイミングにもかかわらず送り出してくれた霜さんをはじめスタッフの皆さん、チームメイトのみんなには感謝しています。そして、サポーターや山口県の皆さま、無愛想で生意気だった僕にもかかわらずいつも暖かい声援をありがとうございました」

「皆さまの声援があったからこそ、苦しいときも最後まで諦めずに頑張ることができました。山口のサポーターの皆さまとこれからもJ1昇格に向けて一緒に戦いたい気持ちもありとても悩みましたが、新たな環境でチャレンジすることを選びました、一年半という短い間でしたが本当にありがとうございました!」

 また、同選手は新天地となるG大阪のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、意気込みを述べている。

「レノファ山口から加入した小野瀬康介です。ガンバ大阪というクラブの一員になれたことをとても嬉しく思います。チームの勝利に少しでも貢献できるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」

 小野瀬は1993年生まれの現在25歳。横浜FCユースから2011年にトップ昇格し、プロキャリアをスタートさせた。2016年まで横浜FCでプレーし、昨季より山口に在籍。2018明治安田生命J2リーグではここまで25試合に出場し、すでにキャリアハイとなる10得点を記録している。通算成績は、J2リーグ戦192試合出場26ゴール。

 宮本恒靖監督率いるG大阪は現在4勝4分け10敗の勝ち点「16」で16位に沈んでいる。浮上に向けて、小野瀬には大きな期待が掛かる。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA