FOLLOW US

J3藤枝、石崎信弘氏の監督就任を発表…史上最多、J通算608試合指揮の60歳

J通算608試合の指揮経験を持つ石崎信弘氏(写真は2015年) [写真]=Getty Images

 藤枝MYFCは27日、石崎信弘氏が新監督に就任することが決まったと発表した。

 石崎氏は1958年生まれの50歳。1995年からモンテディオ山形、1999年から大分トリニータ、2001年から川崎フロンターレの指揮を執り、2004年からは清水エスパルスでヘッドコーチや監督、2005年には東京ヴェルディ1969(現・東京ヴェルディ)でコーチや監督を務めた。2006年から2008年にかけては柏レイソル、2009年から2012年にはコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)を率いた。

 さらに2014年には中国の杭州緑城U-18でも監督を担当。以後、山形の指揮を経て昨季からJFLのテゲバジャーロ宮崎を率いていた。キャリア通算では、J1で152試合、J2で史上最多の456試合、Jリーグ通算では608試合(最多)の指揮を経験している。

 監督就任にあたり、石崎氏は以下のようにコメントしている。

「この度、藤枝MYFCの監督に就任することになりました石﨑信弘です。シーズン中での監督交代となり、大変厳しい状況ではありますが、微力ながら持てる力を全て発揮し、当初の目標5位以内を目指し頑張りたいと思います。チームスローガンである『一体感』で選手、スタッフ、サポーターと共にベストを尽くしますので、応援を宜しくお願い致します」

 藤枝MYFCは24日、大石篤人監督と増嶋真也コーチの退任を22日付で決定したと発表。後任の指揮官として、経験豊富な石崎氏を招へいすることとなった。同クラブは今季、J3では17試合を消化して6勝3分け8敗の勝ち点「21」、14位に低迷。次戦は8月26日、明治安田生命J3リーグ第20節でブラウブリッツ秋田とアウェイで対戦する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA